設置で得られる効果|防犯カメラ選定時のポイント|優秀な防犯設備

防犯カメラ選定時のポイント|優秀な防犯設備

設置で得られる効果

女性

住んでいる場所の安全を守る設備として防犯カメラは非常に効果的な製品ですが、適切な場所に設置しないと防犯効果はあまり期待できません。防犯カメラを購入する際は、機器の設置や配線、工事や初期設定といったアフターケアまで対応してくれる業者を選ぶのが最適だといえます。防犯カメラ1台あたりの設置費用ですが、1戸建てやアパートあれば約30000円、商業施設やビル、マンションであれば約42000円となっているのです。この費用には設置と設定、ピントや角度の調整、邪魔になりにくい配線やその他の部材も含まれているので非常にお得だといえます。通信回線を実装するネットワークカメラの機能を追加するのであれば上記の費用に加えて、別途、追加10000円の費用が発生するので覚えておきましょう。
オプション料金となるレコーダーは設置と初期設定を含めて15000円となっています。モニターは基本工事に含まれているサービスなので、別途購入する必要は無いのです。駐車場や土地などを持っている地主は防犯カメラを設置することで不法駐車の犯人特定と、不法駐車の防止効果が期待できます。コンプライアンスや社内規定を遵守するために企業のオフィス内にて防犯カメラを設置する場面も増えてきました。これは不法侵入を避ける効果に加えて、社員の残業時間抑制の効果もあるのです。また、利用機会の少ない倉庫や入口などは不法利用される可能性が高いので、防犯カメラを設置して違法行為を抑制するのが良いのです。