防犯カメラ選定時のポイント|優秀な防犯設備

お得なセットモデル

ウーマン

日本は昔に比べると治安が非常に良くなり、安全に暮らせる国となりました。しかし、空き巣などの被害も未だに発生しているので、自分の家が狙われないように防犯カメラなどの対策を備えておくことが大切です。

Read More..

目的を満たすための条件

住宅

防犯カメラはここ数年で価格が安定したので、一般家庭で導入するのも比較的容易となりました。購入した後の設置や配線、初期設定を請け負う業者も数多く存在するので素人でも安心して購入できる防犯設備なのです。ですが、良質な製品選びの基準を把握していないと導入後に後悔してしまうパターンがあります。そのような事態を回避するためにも目的に合う防犯カメラ選びが重要となってくるのです。まず、1点目のポイントとして挙げられるのは画素数となります。個人商店などを営んでいる場合、万引き対策として顔が特定できるレベルの画質は欲しいといえるでしょう。注意したい点はカメラ側の画素数が高くても、それの映像を録画するレコーダーが一定基準の画素数に対応していないケースがあるということです。
そのため、防犯カメラと映像レコーダーはセットで購入するのが無難なのです。2点目のポイントはレンズを調整できるバリフォーカルレンズ搭載の防犯カメラを選ぶという点になります。レンズが固定されてしまうとピントの合っていない不鮮明な映像となってしまうので、こちらも注意が必要となってきます。そして3点目のポイントとなるのが、取り付け場所の確認です。夜間の録画を目的とする場合は赤外線機能を搭載している防犯カメラが必要になってきます。ホコリなどが多く発生する場所ではレンズにホコリが付着しないように、ハウジングという保護ケースを搭載したタイプが効果的です。

設置で得られる効果

女性

有料駐車場や個人の敷地に違法駐車をする心ない人は未だに数多く存在します。そのような違法行為を抑制するためにも、いち早く防犯カメラを導入して対策をするのが最適だといえるのです。

Read More..

集合住宅の防犯設備

男性

多数の人が住んでいるマンションなどの集合住宅では空き巣などのリスクに加えて、住人のマナー低下が懸念されます。この両方に効果があるといわれている設備が防犯カメラというものなのです。

Read More..